FF11メモ書きφ(`д´)カキカキ

2017/5にFF11復帰 鞄鯖で生息してます お声かけはお気軽に~ ブログは日々のプレイした記録のメモ書き程度です

プロマシア 鎖と絆~武士道とは【FF11 ミッション】

以下プロマシアミッションの内容になります。まだの方はご注意下さい。

 

 

鎖と絆

皆は無事だろうか。
タブナジア地下壕に戻っているのだろうか。  

f:id:FF11Serge:20171014092817j:plain

f:id:FF11Serge:20171014092538j:plain

なんと!今回はプリケツではありません。

前回バハムートがやんちゃをしてくれたおかげで戦闘艇から落ちたぽいです。

3タルにゴソゴソしてみると大公親衛隊制式指輪を頂きだい。でも今更感のアイテムなんだよね…。

地下壕に向かうとプリッシュが迎えてくれました。よく皆無事だったなw

プリッシュはこれから先も諦めずに生きて戦えと励ましてくれました。その前向きパワーほちぃですわ。

そしてテンゼンはフェニックスを失ったことにより落ち込んでしまったそうです。

 

闇に炎

テンゼンの姿が見えないようだ。
彼を探し出し、エシャンタールに会うためにもう一度、
ジュノを目指すことにしよう。

テンゼンを見つけると配下のくノ一とやりとりをしていました。

「虚ろなる闇」の件が片付いたらひんがしは中の国を攻略するつもりだったのね。

でもテンゼンはフェニックスからの最後の使命を遂行することにしていました。クリスタルを救うために…。

 

ジュノに戻ることになりましたが、また置いてけぼりをくらい、自力で向かうことになりました、毎度毎度o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

 

ジュノ上層の酒場マーブルブリッジに集まり作戦会議。ここでモブリン達が5つ目のクリスタルを破壊しようとしていると気付き、慌ててムバルポロスへ向かうことになりました。

 

眦決して

5つ目の母なるクリスタルを目指し、
ムバルポロスへ行こう。
正義を行う者には、
その道、閉ざされることはないはずだ。  

f:id:FF11Serge:20171014095934j:plain

ムバルポロスへ着きましたが、既にそこはナグモに襲われた後でした。クリスタルへの道は塞がれ進めなくなっていました。

テンゼンは言います、フェニックスが残した道があるはずだと。

 

f:id:FF11Serge:20171014100430j:plain

地が駄目なら天へということで、シドの所へ。

飛行艇の改造に時間がかかる間に材料を集めに散ることになりました。

そして一つ残念な知らせが…そうまた3タルが悪さを。今度は「光の箱」を持って行ってしまいました。飛行艇のパワーアップに使おうと思ってたのにo(`ω´*)o

あちこちに散った仲間を呼び集め、3タルから箱を取り戻しました。シドの改造も終わり出発です。

 

武士道とは

 新たなる力にて生まれ変わった飛空艇で、
5つ目の母なるクリスタルを目指せ。
迎えうつは、真龍たちかナグモラーダか
それとも……? 

 順調に飛行していたかと思いきや、ここでもまた3タルがやらかしてくれました。その上テンゼンと戦うことに。

f:id:FF11Serge:20171014102425j:plain

ちょ、メッサーいつの間にそんな役回りになってたの(;^ω^)

それは5つ目のクリスタルに着いた時セルテウスが現れ説明してくれました。

クリスタルラインが起動して5つ目のクリスタルからエネルギーが吸い出されたので、アル・タユを支えていた力が失われつつありました。それを補うためセルテウスは各地のクリスタルを回り力を吸い出していました。でもセルテウスは光の荷い手ではないので、強い荷い手だったメッサーが必要だったようです。

いつの間にか人の心の声が聞こえるようになっていたのも、アミュレットを通して4つの光がメッサーに集められていたからでした。「光の器」にされてて、メッサーすごく利用されてた!( ゚Д゚)

その上クリスタルの前で砕かれる器とか決定されてますよ!もうヤダー!

 

セルテウスによってクリスタルに還されそうになった所に割って入ったのがプリッシュでした。そしてセルテウスに5つ目のクリスタルの光をメッサーに与えるように言ったのです。絶対に「世界の終わりに来る者」にメッサーは勝てるからと。

そこへまたナグモが邪魔に入ります。

そしてナグモが無茶した結果、過去の記憶が飛び込んできました。

f:id:FF11Serge:20171014104328j:plain

全てはアルタナの意思を看破していたイブノイルの計画。

 

Copyright (C) 2002 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.